山吹賞の週中検討

土日の重賞以外のメインレース
コーラルS、春風Sの1回目登録は
それぞれ30頭以上。

さすがに最終登録前に全頭分析する
のは時間の無駄に感じますので、
出走メンバーが確定してから
コーラルSと春風Sは予想開始
します。

ということで週中検討は
花名レースが中心になります。

今週の花名レースは山吹賞と
アザレア賞。ともに長めの距離の
1勝クラス。

この2鞍は、けっこう重要です。
皐月賞への地道な勝ち鞍重ねには
間に合わなかった遅咲きの若馬が
優駿、オークスを目標に眺めの
距離で適性があるかを確かめる
レース。

まずは日曜中山の山吹賞です。
2200m戦です。
1回目登録は12頭。

いろいろな戦歴の馬が参戦です。

・1800m以下の距離でデビューして
 距離を伸ばして2000m以上で
 1勝した馬
・ダート路線で勝ち上がり、長めの
 芝戦に挑戦する馬
・1勝目が1800m以下でも2200mに
 挑戦する馬
・デビューから2000m戦で1勝目も
 2000m以上の馬

個人的な感覚ですが、毎年この時期の
長め距離1勝クラスで買いたい馬は
・デビューから2000m戦で1勝目も
 2000m以上の馬
・1800m以下の距離でデビューして
 距離を伸ばして2000m以上で
 1勝した馬
の2パターンです。

ダート勝ちからの挑戦では、ダート
血統でありながら試しに芝出走する馬と
芝血統ながら脚元が弱くダート使い
してきた馬が混在しますが、どちらも
推しません。まだ3歳の若馬ななので
脚元が急にパンとするとは思えない
からです。

中短距離勝ちした馬も、NHK、皐月を
目指していたことが予測できるので
路線変更はマイナスしか感じません。

ということで、1勝目が2000m以上と
1勝目が1800mで次走以降で2000m
以上を勝ち負けできた馬だけ選択しま
した。

エターナルポイント 2400m勝ち
エルセンブルグ   2200m勝ち
エヴァーガーデン  2000m勝ち
オラコモエスタス  2000m勝ち
キングオブドラゴン2000m勝ち
マイネルクロンヌ  2200m勝ち
リスペクト     2400m勝ち

まずは7頭に絞られました。

次にデビュー戦が1800m以下だった
馬で、勝ち鞍が2000mの馬に
ついて一考します。

新馬戦が1800m以下で負けて
次走で2000m以上を勝った馬と

新馬戦が1800m以下で負けて
次走で2000m以上を走ってみて
勝てなくとも可能性を感じ、
3走目以降の2000m以上で勝った
馬を比較した場合、

わたくしショウケイは後者を上に
みます。
理由は鍛錬の甲斐があったと思える
からです。前者は勢いで勝った
可能性しか感じません。

あとは新馬戦で1800m以下に出走し
戦歴の数が2000m未満と2000m
以上で比較して後者が多い馬は、
鍛錬して調整してきたと感じます。

そんな見方で選択した7頭を分けると

エターナルポイントはヒモ下に
なります。


残ったのは6頭
このうち2200m経験馬の
走破タイムを比較します。

エルセンブルグ
2200m2.19.1
2000m2.02.7
エヴァーガーデン
 2200m2.13.1
 2000m1.59.1
マイネルクロンヌ
 2200m2.15.5
 
2200m経験なしの3頭は
2000mと2400mで比較します。

オラコモエスタス  
2000m2.00.7
キングオブドラゴン
2000m2.02.1
 2400m2.30.3
リスペクト
 2000m2.01.7
 2400m2.27.2

2200mタイムでは
エヴァーガーデンが秀逸です。
2000mの走破タイムも2分を
切っていました。
次点はマイネルクロンヌ。

2000mと2400m経験馬では
2000mタイムで
オラコモエルタスが速いですが
エヴァーガーデンには及びません。
次点はリスペクトでした。

以上からエヴァーガーデン軸で
マイネルクロンヌ
オラコモエルタス
リスペクト
へ3点流し。

応援クリックお願いします。
   ↓

中央競馬ランキング