AJCCの週中分析

日曜中山メイン AJCCの 週中分析記事になります。 4歳以上のG2別定戦、 中山らしさが特徴の2200m戦。 同じ距離のセントライト記念、 オールカマーの傾向と合わせて 検討してみたいと思います。 まずは、血統ですがショウケイが 注目する中山2200m向きの 血筋は、ステーゴールドと ルーラーシップ、エピファネイア の3産駒。 条件クラスの中山2200mは逃げも 成功しやすいコースですが重賞 では逃げより先行脚質が成績を 残しているように思えます。 あと、意外と中断後方で追走し 3コーナーあたりから押し上げて これる差し馬も決まるコースと 思えます。 ようは、キレ味よりスタミナが 求められるコースなので、 馬格はそれなりに求められる。 485㎏以上の場格が有利では ないかと思います。 中山コースは、トリッキー& 小回りの印象が強く、 総じて内枠有利と捉えがち。 しかし、中山2200mは外回り コースなのと、スタートから 正面直線をフルに使う設定の ため、最内有利になりにくい。 中枠くらいに配置された スタミナタイプの馬が経済 コースを選択して成功したり、 捲くりやすいコースを進める 時に、ばっちりハマる印象が あります。 と、ここまでは、わたくし ショウケイの中山2200m重賞 への馬券回顧録というより 普通のデータ統計レベルの 傾向です。 近年の中山2200m重賞の印象は シャケトラに代表される G1は全く駄目だけ…

続きを読む

ブログお休みしてました

先週は本業が忙しく、 出張やら新型コロナ対策やら 全く時間がとれない状態。 愛知杯の週中予想までは しましたが、他は手をつけ られず、結局週末の馬券 購入を諦めました。 愛知杯、4頭ボックスで 的中していましたね。 今週は、なんとか時間を 作れそうなので、しっかり 予想と購入をしたいと 思います。 ブログを時間ある限り 更新させていただきます。 応援クリックお願いします。   ↓ 中央競馬ランキング

続きを読む

愛知杯の週中予想

愛知杯の週中予想記事の前に 昨日までの正月3日間競馬。 2日目は、応援厩舎馬券と 通常購入したレースが的中し 1日目のマイナスを挽回する ことに成功。 毎年、この3日間開催は、〇ツの 毛まで抜かれる大出費期間のため このままプラスで終われるわけが ないと考え、3日目は攻めに転じず 逆に買い目を3点程度にしぼって 怪我しても小出費で終われるよう 調整しました。 3日目は案の定、逆逆の展開で 不的中でしたが、それで良しと 個人的には納得しています。 厄を落とす感じ、と言いますか 決して負け惜しみではなく 毎年感じる後悔のマインドに ならないで済んだことの安堵感。 そんな禊を終わらせたショウケイ です。 愛知杯の週中予想ですが、 開催時期が12月から年明け 1月になったのが2014年。 そのころから、このレースの意義を 牝馬繁殖引退の前の箔取りレースと 解釈しています。 一口馬主のクラブ馬で牝馬は 6歳の春が繁殖引退の基本路線です。 もちろん体調回復に乏しい牝馬や 故障がちの牝馬、逆に稼ぎすぎた 牝馬などは6歳春を待たずに引退し 繁殖入りをしますが、普通の状態 なら6歳春が引退時期です。 そして引退間近の6歳牝馬や 4歳時に勝ち星に恵まれなかった 5歳牝馬は、繁殖入り前に、 賞勝ちの箔をつけておきたいと いうもの。産んだ子の価値を高める ための重賞勝ちという、わが身の 出世ではない将来の…

続きを読む